血管の老化は脳卒中や心筋梗塞の原因になる!

血管の老化は脳卒中や心筋梗塞の原因に

女性の血管・血液・血流は閉経前後でガラリと変わります。 女性ホルモンの急減が影響しているからというのがその理由ですが、それゆえ女性は更年期に心血管系の病気に突然見舞われることも珍しくありません。

脳卒中や心筋梗塞は突然死の原因にもなりますし、半身不随など後遺症が残る可能性もある怖い病気ですから、 血流を保ち、血管のしなやかさを維持することが非常に重要になってきます。

女性ホルモンと血液・血管のただならぬ関係

ほとんど知られていない女性ホルモンのエストロゲンの働きに血管の柔軟性を保ち、血流を促す作用というものがあります。

そのためエストロゲンが減少すると血管が硬く脆くなるといった変化が起こりはじめます。 更年期以後、血圧やLDLコレステロールの数値も上がり始めるのはそれが理由です。

閉経後はさらに拍車がかかるので、心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクが高まります。 タレントの磯野貴理子さんが50歳のときに脳梗塞になりましたが、同年代の方は決して対岸の火事だと思わないほうがいいです。

また、血流の悪さの見た目への影響をより痛切に感じるようになります。

加齢による肌のくすみ、クマが目立ってきますが、血流の悪さが関係しているのはいうまでもありません。身体の不調に血管や血流の状態が相関しているのはもちろん、 見た目年齢と血管年齢も相関しているので、アンチエイジングを考えるときには、“血管・血液・血流”は無視できないってことです。

更年期はホルモンバランスの乱れによって弱っていた部分がさらに弱りますが、血流の悪さが加わると、さらに輪をかけて代謝が悪化するので余計にひどくなります。

血流をよくして、鉄分を補って血液の質を高めることは更年期の不調も軽減することにつながりますから、 女性ホルモンと血液・血管の関係をしっかり把握してケアしていくことが大切です。

更年期高血圧~女性の高血圧は40代以降に急増!

40~50代のちょうど更年期にさしかかる時期から女性の血圧は一気に高くなります。 その原因はもちろん女性ホルモンのエストロゲンの減少です。

エストロゲンには血管を拡張させる作用があるので、20~30代で比べると女性は圧倒的に男性に比べて血圧が低いです。

しかし、40代になると状況は一変してエストロゲンの減少とともに女性の血圧は上がってきます。

じわじわと血圧が上がってくる人もいれば、更年期を境に急激に血圧が高くなる人もいて、 血圧が高いほどホットフラッシュが出やすい傾向があるというのは覚えておくといいかもしれません。


更年期高血圧で気をつけないといけないのが、その後、本格的な高血圧に移行してしまうことです。

女性ホルモンの減少は高血圧の原因の1つですが、ストレス、肥満、食生活、血管の老化も血圧を上げる代表的なリスクであり、 それらの複数の要因が重なれば、そのまま血圧が高めで安定してしまうことがあります。

当然ですが、放置していいわけがありません。対策が必要です。

  • やや強め運動を行う・・・一酸化窒素(NO)が血管を拡張してくれる
  • 食事は減塩を心がける・・・ナトリウムの排出を促しましょう。
  • 睡眠はたっぷり・・・交感神経を休ませましょう。
  • ストレスは厳禁・・・腹式呼吸をすると血圧は下がります。

血圧はよほど高くならないと自覚症状がありません。なので、更年期以降、女性ホルモンが減少して血圧が上がるといっても 血圧を測らなければおそらく自分の身体がどう変化しているかということに気づけないと思います。

自覚症状がなければ知らなくてもいいという話もありますが、やはり突然ぶっ倒れて寝たきりになってしまうのは嫌でしょうから、 更年期以後、定期的に血圧を測るようにしたほうがいいのかなーとは思います。

脂質異常症~女性ホルモン減少の影響大!

女性ホルモンのエストロゲンが減少する影響は血中コレステロール値にも影響します。動脈硬化の原因になるLDL値が上昇してしまうんですね。

エストロゲンにはLDL値を低下させるという作用があるので、一般的に女性は脂質異常症とは無縁です。しかし、閉経後はエストロゲンが働かないので、脂質異常症の女性が急増してしまうんです。

ただ、男性に多い不摂生が原因でLDL値が高くなっているものと女性のエストロゲン減少によってLDL値が高くなっているものは分けて考えないといけません。

女性の場合、たんにLDL値が高いというだけであれば、経過観察になります。

もちろん、その他のリスク要因(遺伝、喫煙、肥満、高血圧、糖尿病)やエコー検査によって動脈硬化のリスク大と診断されれば投薬治療が行われます。


閉経後のLDL値が高いのは異常なことではないんですが、かといって何もしなくていいかといえばそうでもないんです。 LDL値が低ければそれだけ動脈硬化のリスクが減るので下げるに越したことはないからです。

LDL値を下げるポイントですが、やはりこれも生活習慣が肝になります。

  • やや強めの運動を行う・・・一酸化窒素(NO)が血液をサラサラに
  • 禁煙する・・・自分自身はもちろん受動喫煙も対象
  • 食物繊維をたっぷり・・・コレステロールを体外に排出してくれます
  • 摂取する脂肪酸に要注意・・・オメガ3系脂肪酸を積極的に摂取する

LDL値が高いと分かった時点で、動脈硬化の疑いがなくても、問題ある生活習慣があるようであればそれをきっかけに改善したほうがよさそうですね。

高血圧の場合もそうですが、血管や血液の状態というのは、生活習慣、なかでも食生活・運動・喫煙の有無の3つに非常に大きく左右されるような気がします。 思い当たる人は要注意といえるのではないでしょうか。

見た目の若々しさと健康を保つうえで肝に銘じておきたいのは、身体の外側から見えるもの、内側の見えないものすべては血管を流れる血液に養われているということです。 それを考えると血液・血流・血管の状態に気を配ることの大切さというのはよくわかるんじゃないでしょうか。

今回はじめて女性ホルモンと血液・血管の関係を知ったという人も多いと思うので、ぜひこれからは血液・血管のことも考えてアンチエイジングに取り組んでいくようにしましょう。

このページの先頭へ