ハリ・コシの低下、パサつきなど髪の老化が深刻に!

髪の老化が深刻に!

髪のボリュームがなくなって朝のセットが決まらない、生え際が寂しくなって地肌が透けてみえるなど、髪が薄くなっていく恐怖を味わうのも40~50代です。 女性ホルモンの減少が影響しているのはいうまでもありません。

さらにこの時期、白髪も増えてくるとそれが地肌にみえて、薄毛がますます強調されてしまうので、白髪を目立たせないことも薄毛対策の1つです。

30代をピークに髪の状態は下り坂に...。

女性の場合、肌の状態のピークは20代ですが、髪はもうちょっと遅くて30代です。ピークが遅い分、髪はまだまだイケると勘違いしたり、 スキンケアに一生懸命でヘアケアがおろそかになり、気づいたら....ということはよくあります。

30代後半ぐらいから40、50代と女性ホルモンの分泌量が減ってくるのにともなって髪の毛の状態も悪くなっていきます。

髪の毛の1本1本が細くなってきたり、うねりがでてきたり、パサつくなど乾燥が気になったり。髪の分け目が広がって地肌が透けてきたり、 髪がぺちゃんとなってボリュームがなくなるということで髪の老化に気づくという人が多いと思います。

こうした髪の老化に影響しているのがエストロゲン不足。女性ホルモンのエストロゲンには、髪の成長を促し、髪の成長期を持続させる、という働きがあるんですが、 エストロゲンが減少すると、髪の成長期が短くなり休止期が長くなってしまいます。こうなると抜けた分の髪が生えてこないので髪が薄くなってきます。

さらに、髪の成長が中途半端になることから髪が痩せてきたり、軟毛化してきたり、1つの毛穴から生える髪の本数が減るなどして髪の密度が低下してきます。

その結果、全体的に薄毛になっていくわけです。

こうしたエストロゲンが急激に減少することで引き起こされる女性特有の薄毛は「女性型脱毛症」や「びまん性脱毛症」と呼ばれています。 更年期に増える薄毛の悩みというのはほとんどがこのタイプだと思います。


また、ごく稀に男性と同じように額からM字にハゲてくるような男性型脱毛症の症状が出てくる人がいます。これは閉経後など女性ホルモンが枯渇することで、 女性にも存在する男性ホルモンが相対的に優位になってしまうことが原因です。

さらに付け加えると栄養不足から抜け毛や髪の発育不良につながり、それが薄毛として目立ってしまうことがあります。タンパク質、ビタミン、ミネラルといった成分が 髪を作るために必要な材料はしっかり摂取していますか?

髪の材料が不足しているとか、髪を作る毛母細胞がエネルギー不足で働かないということになれば、当然、髪に影響がでます。 特に鉄分とビタミンB群が不足していると血流が悪化し、髪に栄養を送れなくなるばかりでなく、毛根のエネルギーがなくなってしまいます。

毛根の栄養不足やエネルギー不足はメラニン色素の合成にも支障がでてきますから、白髪が増えてしまうことにもつながります。 白髪はほとんど遺伝で決まりますが、栄養補給と血流アップで多少の先延ばしができますよ。

正しいヘアケアで髪の老化を遅らせる

今は、女性専用の薄毛外来なども増えてきていますし、発毛を促進する医薬品などもありますから薄毛というのは治療できる時代になっています。 なので、細毛やボリューム不足が気になったら専門の医師に相談したほういいかもしれません。

髪の老化についても肌やカラダの健康維持と同じで生活習慣が大きな影響をもちます。それから、スキンケアに比べるとヘアケアはおろそかになっていたり、 間違って行っているケースがあるので、正しいヘアケアを知ることが髪の老化を防ぐ第一歩になります。

規則正しい睡眠で毛根に成長ホルモンの恩恵を!

髪の毛を作る細胞が活発になるのは夜で、寝ている間に分泌される成長ホルモンを浴びます。成長ホルモンがたっぷり分泌されると髪が若返りますから 規則正しい睡眠を取るということはヘアケアの基本です。0~6時の睡眠のコアタイムに熟睡しているのが理想です。

ストレスケアで血流を維持!

ストレスの影響が髪に悪いというイメージがあると思うんですが、実際、医学的にはよくわかっていないといいます。 ただ、ストレスで交感神経が刺激されて、皮脂が増えたり、血流が悪化したりするのは頭皮にも毛根にもよくないことは明らか。 ストレスを溜めこまずに、発散することは髪にとって重要です。

健康な頭皮を育む頭皮ケア&ヘアケアを実践する!

若いころはシャンプーやコンディショナーにしろ、ドライヤーでの乾かし方にしろ、頭皮のマッサージにしろ、適当だったと思います。 適当でも若さと豊富な女性ホルモンがカバーしてくれていたわけですが、30代からは髪や頭皮の状態をチェックして、それにあわせてヘアケアや頭皮ケアするようにしたほうがいいです。


薄毛対策として普段から意識したいのは、UVケアと保湿、正しい洗髪です。

シャンプーは実はすごく重要で、これはよくいわれているように毛穴に皮脂が詰まると抜け毛の原因になるということではなくて、 頭皮に界面活性剤のダメージを与えないこと、必要な皮脂まで奪うことなく頭皮のうるおいを守るという意味でシャンプーが大切だということです。

30代からは頭皮を乾燥させないために毎日シャンプーはしないほうがいいです。

白髪染については頭皮へのダメージを考えるとやらないほうがいいんですが、さすがにそうもいかないので、刺激の少ないヘアマニキュアを活用して、 リタッチで目立たせないようにする、美容室で染めるのは2~3ヶ月に1回というのがいいんじゃないでしょうか。

このページの先頭へ