やる気のなさ、イライラ、抑うつも女性ホルモンの影響!

やる気のなさ、イライラ、抑うつ

生理前になるとイライラするとか、出産後のうつ(マタニティブルー)などホルモンバランスが乱れると感情や気分に大きな影響がでてしまうというのは、身をもって経験している方がほとんどだと思います。

エストロゲンの分泌に支障がでると脳内神経伝達物質の正常な働きまで妨げることがわかっています。そしてそれが感情や気分に反映されてしまうんです。

女性はうつ病になりやすい!?

現代病として無視できない存在になっているのがうつ病です。新型うつなどよくわからないものもでてきてはいますが、 うつに共通するのはさまざまな「ストレス」が引き金になるということです。

ストレスが自律神経を混乱させて「うつ」につながるのがうつ発症の一般的なメカニズムですが、それとは少し様子が違うのが女性のうつ病です。

というのも女性のうつ病はエストロゲン不足が原因のものも多いからです。

男女比でいうと女性は男性の2倍うつになりやすいです。そしてうつになりやすい時期というものがあります。、「更年期」と「産後」です。 いずれの場合も共通するのが、エストロゲンの急激な減少です。

エストロゲンが減ることで、うつ症状がでてきてしまうのは、エストロゲンの脳内神経伝達物質の正常な働きを守る働きが低下するからです。

  • アセチルコリン・・・脳全体の活性化に影響する
  • ドーパミン・・・やる気など行動の動機付けに影響する
  • ノルアドレナリン・・・不安や恐怖、注意に影響する
  • セロトニン・・・心を穏やかにするなど精神の安定に影響する

といった脳内の神経伝達物質の代謝や合成にエストロゲンは関与しているんですが 更年期や産後にエストロゲンが減少してしまうと、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンにも影響がでてバランスが崩れてしまうんですね。

その結果、「不安感が強くなる」「イライラしてしまう」「やる気が出ない」といった症状がでてきてしまいます。 うつ病の人の脳の中はセロトニン、ノルアドレナリンが極端に少なくなっているんですが、その状態が作られてしまうわけです。

アセチルコリンとエストロゲンの関係⇒「物忘れが増える/認知症

前もってエストロゲンの減少でこんなことにもなるとわかっていると、いざ苦しくなったときも客観的に自分自身の状態を見れますから大事には至らないはずです。 原因がわからないのが一番、不安を増幅させてしまいますからね。


補足になりますが、気分がすぐれないとかやる気がでない、なんだか常に疲労感があるという場合、甲状腺ホルモンが関係している可能性があるので、 そちらのチェックもあわせて行うといいかもしれません。

甲状腺疾患は自律神経にも影響するということで身体にあらわれる症状としては女性ホルモンの分泌バランスの乱れと非常に似ています。 そして女性に多いこともあって問題を複雑にしているやっかいなものです。

25歳を過ぎたら定期的に検査して調べてもらったほうがいいという医師もいます。

ストレスマネジメントが大事!ってことはわかっているけれど...

更年期や産後などエストロゲンが急降下する時期にはうつ病になりやすく、気分がすぐれない日が続きます。 しかし、これはもう女性として生まれた以上は仕方ないことなので、嘆くことなく受け入れるしかないです。

「抗う」のではなく「身を任せる」のが一番いいんです。

更年期のやっかいなところは時期的に親の介護や子供の進学や受験、就職など頭を悩ませるイベントと重なってしまうことです。 更年期の症状というのは個人差があるものですが、ストレスを抱えていると症状が重くなる傾向があります。

ストレス対策のアドバイスなんかを調べると「上手くストレスを発散して!」とか「楽観的に考えろ」「考えすぎるな」といったものがあるんですが、 もともとの性格がマイナス思考や内向的な人には無茶言うなというものが多いんですよね。

そんな人におすすめなのが「アロマの力を借りる」ということです。

なんとかしなくちゃと思ってもやる気がでないし、イライラしたくないのに勝手にイライラしてしまうなど、コントロールできないのが 気持ちや感情の問題なわけですが、アロマテラピーの素晴らしいところは香りを嗅ぐだけで、気持ちが変化して感情をフラットな状態に戻せることなんです。

ストレスとの付き合い方やストレスを軽減させるテクニックなんかはいろいろあるんですが、 そんな難しいことをしなくても自分の好きな香りを嗅げばいいんです。こんなに簡単なことはありません。

香りによる気分転換やリラックス効果に加えて、カラダに対する健康効果もあるということでおすすめしたいのがハーブティーです。 気分や体調にあわせてティータイムに飲んでみるといいと思いますよ。

    ハーブティーのブレンド例

    リラックスしたいとき・・・ハイビスカス、ラベンダー、ペパーミント

    落ち込んだとき・・・レモングラス、レモンバーベナ、リンデン

    ぐっすり眠りたい・・・ローズピンク、レモンバーベナ、リンデン

    顔がほてる・・・セージ、ラベンダー、ペパーミント

    冷え症が気になる・・・レモンバーム、ローズピンク、カモミール

    疲れているとき・・・ブルーマロー、ローズマリー、ペパーミント

このページの先頭へ