更年期を穏やかに過ごすためのホルモン補充療法(HRT)

ホルモン補充療法(HRT)について

なんとなく体の調子が悪いな、変だなという感覚は40代になると増えていきます。 女性ホルモンの分泌バランスが崩れてきた証拠ですが、プレ更年期なんていわれることもあります。

こうしたプレ更年期からはじまるカラダの不調や不定愁訴については症状が重い人ほど無理せず婦人科にいって診てもらったほうがいいです。 ホルモンバランスを安定化させる低用量ピルや漢方にアロマ、不足した女性ホルモンを直接補うホルモン補充療法(HRT)など医療の手を借りることも考えてみましょう。

ホルモン補充療法のメリット・デメリットは?

その名のとおり、減少してしまった女性ホルモンを補うのがホルモン補充療法です。血液検査からホルモン値を算出し、必要最小限のエストロゲンを補って、 できるだけ安全に、ホルモンバランスを整えるという治療法になります。

欧米では更年期障害の治療といえばホルモン補充療法がスタンダードなんですが、日本では副作用や発がん性といったリスク面ばかりが強調されて紹介されてしまった過去の経緯もあって、 普及しているとは言い難い状況です。

ホルモン補充療法については怖いイメージをもっている人も多いんですが「本来あるべきホルモンを本来あるべき比率に補充する」というものですから、 医師の指導に基づき、適量を見極めて、必要最小限の量を使うといった点に注意して治療を行えば基本的に何も怖がる必要はないものです。

    ホルモン補充療法のメリット・デメリット

    ほてり・発汗などの不調に即効性がある。

    骨粗しょう症、うつ病、認知症などの予防効果。

    情緒の安定、筋力の維持、性交痛などにも効果。

    乳がん、子宮がんなどの病気があるときは受けられません。

更年期障害の症状が重い人ほど、その効果をより実感できると思います。

問題があるとすればホルモン剤の種類によって保険が効くものと効かないものがあるということです。 特に最近は合成ホルモンよりも天然ホルモンのほうが安全性が高いということで人気なんですが、天然ホルモンは保険適応外であることがほとんどです。

ホルモン補充療法(HRT)については欧米のほうが進んでいることもって、ホルモン剤の種類も質も海外製のほうが上です。 品質にすぐれた海外製のものを使いたいと思うのが普通ですが、そうなると保険が効かなくなるので治療費が跳ね上がってしまうというジレンマがあるわけなんですね。

日本がホルモン補充療法(HRT)の後進国であることを痛感する瞬間です。

プレ更年期と低用量ピル

50歳を閉経と考えると、その前後の5年間をあわせた45~55歳までが更年期になります。それに対して女性ホルモンの分泌バランスというのは30代後半から乱れだすので、 ストレスや生活習慣といったことにも左右されますが、40~45歳ぐらいの時期に体調を崩し出す人もいます。

それをプレ更年期といいます。

本格的な更年期を迎える準備段階のプレ更年期をどう過ごすかは更年期以降、身体にかかる負担を少なくするためにも大切なことなので、 この時期から本格的にホルモンケアということを考えたほうがいいという識者もいます。

ホルモン補充療法をするまでもないけれど、ホルモンバランスが不安定なことで体の不調や不定愁訴があるという場合、 不快な症状の改善におすすめなのが低用量ピル(OC)です。

    低用量ピル(OC)のメリット・デメリット

    気分の落ち込みがなくなる。

    不正出血が少なくなる

    髪や肌にハリとツヤが返ってくる

    いつ始めてもいつ止めてもいい

    体重が増える、吐き気、めまいなど。

ホルモンの分泌が安定しないことによる様々なトラブルに高い効果が期待できます。 ピルには副作用があるといわれていますが、低用量ピル(OC)であれば、副作用のリスクは非常に低いですし、依存性もなく安全性に優れています。

効果を確認しながら使えるのも低用量ピルのいいところですよね。

原因不明の不調や不定愁訴に漢方薬が効果あり!

ホルモンバランスの乱れを生薬の力で整えるのが漢方薬です。子宮や卵巣の衰えによる不調や不定愁訴に穏やかに効いてくれます。

漢方は体質によって合うもの、合わないものがありますが、月経の有無にかかわらず使えたり、副作用が少ない、ひとつの漢方薬に複数の効果効能があるなど 漢方ならではのメリットがあり、カタカナの薬に比べて安心感がありますよね。

    漢方薬のメリット・デメリット

    婦人科で処方してもらえて保険が効く

    不調や不定愁訴に効く

    月経の有無にかかわらず使える

    相性があり、効きにくい場合がある

ホルモンバランスを整えてくれるということで、更年期障害の緩和や改善の治療によく処方されるのは、婦人科3大処方といわれ、保険も適用される以下の3つです。

  • 当帰芍薬散
  • 加味逍遥散
  • 桂枝茯苓丸

効果が実感できるまでは約2週間程度かかります。それ以上使っても効果が実感できないという場合は処方や治療内容が変わります。

このページの先頭へ