ホルモンバランスを整えてくれるアロマの香り

アロマの香り

アロマの香りにはリラックスやリフレッシュ作用があるというのはご存じだと思いますが、それだけで終わらないのがアロマの魅力。 女性ホルモンの分泌バランスをよくしてくれるなど更年期には強い味方になってくれます。

精油をハンカチに垂らして、それを嗅ぐというシンプルな方法でも精油の持つ効果をしっかり実感できるので、試してみるといいと思いますよ。

感情や気持ちにアロマテラピーが効く理由

アロマテラピーの香りと脳

香りによって、不安やイライラが落ち着いたり、リラックスできたりといった経験は誰にでもあると思います。

精油の香りは大脳辺緑系や視床下部、下垂体といった感情や情動を司る場所にまで直接届くので、脳は即座に反応します。 これが感情や気持ちにアロマテラピーが素早く効く理由の1つです。

脳の視床下部は、女性ホルモンの司令塔であるのと同時に自律神経の司令塔でもある心身のバランスを握る重要な場所なんですが、 ストレスの影響を受けやすく、不安や悩み、緊張といったものがあると、途端にその働きが鈍ってしまいます。

そんな脳の視床下部の働きを低下させる感情や情動に直接アプローチできるのが、 精油の香りなわけですが、脳の視床下部に効くということは心の不調だけでなく、ホルモン分泌の調整という働きもできることを意味しているんですね。

更年期はホルモンバランスの変化によって、気分がふさいだり、不安になったり、意欲が低下したりといったことがあります。 また、40~50代は仕事の人間関係、親の介護、旦那さんとの付き合い方、住宅ローン、子供の教育・就職・結婚問題など、頭を悩ませるものがたくさんあって、ストレスを抱えやすい時期です。

心の不調や気分が滅入ったり、ストレスがあるときは寝るのが一番いいんですが、40~50代女性の睡眠時間は、男女あわせてあらゆる世代で一番短いといわれています。 ホルモン分泌が乱れて自律神経の不調が起こりやすい時期だというのにこの結果はちょっと不安を覚えますよね。

色々と事情があるのだとは思いますが、やはり心の不調や気持ちが不安定なときはリセットする意味でもしっかり睡眠をとるというのが基本です。 それからお風呂に入ってボーっとするのもいいです。

そこにアロマテラピーによる芳香浴を加えれば、より一層のリラックス効果とリフレッシュ効果、そしてホルモンバランスの調整ができると思ってください。

女性ホルモンと似た作用を精油は?

女性ホルモンの分泌バランスに効く精油をこれからいくつか紹介しますが、基本的に好きな香りを選ぶようにしてください。 いくら効果があるといわれても自分が嫌う香りであれば、効果は著しく低下してしまいますので。

というわけで、まずホルモン様作用がある精油を紹介します。

  • クラリセージ
  • ニアウリ
  • ネロリ
  • フェンネル
  • バジル
  • スターアニス

女性ホルモンを高めてくれるといわれる精油はいろいろあって、紹介されている精油がなんだかバラバラのことがあります。 その理由ですが「女性ホルモンの分泌を促してくれるもの」と「女性ホルモンの分泌を促すのと同じ働きをしてくれるもの」がごちゃごちゃになっているからです。

例えばローズやゼラニウムの精油は女性ホルモンの味方ということでよく紹介される精油ですが、ホルモン調整作用はあってもエストロゲン様作用はないです。 わかりますかね?この違い。

他にも「イライラ、うつ気分を和らげるもの」「ほてり・発汗に効果があるもの」「鎮痙作用のあるもの」など、自律神経に作用するものや 更年期障害、PMS、生理不順によくある症状に効果のあるものを女性ホルモンにいいと紹介しているケースもあります。

まぁ、身体が軽くなり、気分も落ち着けば精油はなんでもいいんですが、 「なんであのサイトとこのサイトでは女性ホルモンを高める作用のある精油が違うんだろう?」という疑問は晴れるのではないかと思います。

とりあえず迷ったらクラリセージを選んでおけば間違いないです。


精油名 ほてり
発汗
冷え イライラ 緊張 不眠 躁鬱
不安
イランイラン
クラリセージ
ゼラニウム
ローズ
ローマンカモミール
ネロリ
プチグレン
メリッサ
サンダルウッド
マジョラム
ラベンダー
ベルガモット
サイプレス
ペパーミント

(データ:グリーンフラスコ研究所調べ)

面白そうなリストがあったので紹介しておきます。

※本来は「ほてり・発汗」「冷え」「イライラ」「緊張」「不眠」「抑うつ不安」「疲労感」「肩こり」「関節痛」「頭痛」の10項目なんですが、 スペースの都合上「疲労感」「肩こり」「関節痛」「頭痛」は省きました。それに伴い、精油も「ジョニパー」「レモン」は省略してあります。

先に紹介したホルモン様作用がある精油とうまく組み合わせて、オリジナルの精油を作ってみてください。

このページの先頭へ