エストロゲン不足は全身のホルモン力で補う!

全身のホルモンの力を総動員

女性ホルモンが減ってしまうのは仕方ないことです。ただ、身体には他にもホルモンがあり、女性ホルモンの減少をカバーする作用があるものもあります。 更年期以降はそうした善玉ホルモンの力を借りましょう。

まずはどんなホルモンがあるのか?そして、それを活かすにはどうすればいいかを解説します。

女性ホルモンが減少してしまう影響はあまりに大きい。しかし...

女性ホルモンというと卵巣や子宮の働きに大きく作用して生理周期や妊娠にかかわるホルモンというイメージが強いと思います。

しかし、排卵や子宮をコントロールする作用というのは数ある女性ホルモンの作用の1つであり、実際は女性の心・肌・身体の機能の多くに関与している包括的なものなんですね。

女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの作用をみてみると、

エストロゲンの主な働き

  • 髪を豊かに保つ。
  • 肌ツヤを維持する。
  • 女性らしい丸みを帯びた体型の維持。
  • 免疫力の強化。
  • 悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす。
  • 骨を丈夫に保つ。
  • 血管を拡張し、血流を促す。
  • 子宮の働きを活発にする。
  • 自律神経の安定。
  • 乳腺の発達を促す。

プロゲステロンの主な働き

  • 血糖値を正常に保つ。
  • 不安やイライラを鎮める。
  • 睡眠の質を保つ。
  • 血栓ができるのを防ぐ。
  • 脂質代謝を正常に保つ。
  • セルライトやむくみを防ぐ。
  • 子宮内膜や子宮周りの筋肉を調整する。

と、これだけの働きをしてくれています。女性ホルモンが減少するということはこれらすべての項目に影響が及ぶということなので、 シワ・たるみ、薄毛といった外見的な変化はもちろんのこと、むくみや肥満、骨や血管、内臓まで身体の内面にもさまざまなトラブルが起こってくるわけです。

どんな健康体の人であれ、加齢にともない女性ホルモンは減少してきますし、閉経を避けることはできません。なので、外見やカラダの内面の変化や不調は避けられないわけですが、 少しでも不調や不定愁訴を緩和・軽減する手段として、他のホルモンの働きを高めて補うというものがあります。

具体的には、「成長ホルモン」「DHEA」「セロトニン、ドーパミンなど脳のホルモン」「消化管ホルモン」「アディポネクチン」「レプチン」といったものです。

これらのホルモンのなかにも加齢とともに分泌量が減ってしまうものもあるんですが、女性ホルモンほど激減はしませんし、やり方次第で捻りだせるので、 更年期以後は各種ホルモンを総動員して女性ホルモンの減少分をカバーすることが大切になります。

ホルモン力を補う各種ホルモンの働き

というわけで、女性ホルモン不足を補ってくれる各種ホルモンについてです。

成長ホルモンの働き

睡眠中に多く分泌されますが、筋力トレーニングをした後も成長ホルモンは分泌されます。 睡眠時間をしっかり確保すること、筋トレを習慣にすることが大切になります。

  • 骨や筋肉を作る/肌の潤いとハリの維持/悪玉コレステロールを抑制/脂質代謝の調整/免疫力の強化/細胞の修復

DHEAの働き

副腎から分泌されているホルモンで、50種類のホルモンに変化するホルモンの元。閉経後にも微量ながら存在する女性ホルモンはDHEAが元になっています。

  • 筋力の維持/肌の潤いとハリの維持/抗酸化作用/閉経後の女性ホルモン/免疫力の強化/うつ病、記憶障害の抑制

脳のホルモンの働き

セロトニン、ドーパミン、メラトニンなどの神経伝達物質のこと。女性ホルモンと特に関係が深いのがセロトニン。規則正しい生活が分泌を促します。

  • 精神安定作用/内分泌調整作用/姿勢維持作用/睡眠リズムのコントロール

消化管ホルモンの働き

消化管で生成され、内分泌されるホルモンのこと。いくつか種類があり、食欲や摂食をコントロール、インスリンの分泌強化などの作用が確認されています。 運動による刺激が分泌を促進するという報告があります。

  • 食欲抑制/血糖のコントロール/内臓機能調整

アディポネクチンの働き

脂肪細胞から分泌されるホルモンで、糖や脂肪の代謝にかかわるほか血管の修復作用や抗炎症効果にも発揮します。食物繊維、EPAを食べると増やすことができます。

  • 筋肉の活性化/脂質代謝の調整/抗炎症作用/肌の保湿/血管を修復・保護する/インスリンの働きを助ける

レプチンの働き

別名:食欲抑制ホルモン。脂肪細胞から分泌されており、食欲の抑制とエネルギー代謝の調節に関わります。レプチンを増やすにはタンパク質の摂取と睡眠時間の確保がカギです。

  • 食欲抑制/肥満予防

特に意識したいのは「成長ホルモン」「アディポネクチン」「DHEA」の3つでしょうか。アンチエイジングや生活習慣病を予防する効果に優れているので、 女性ホルモン不足を補うのに余りある働きをしてくれると思います。

これらの善玉ホルモンを増やしたり、分泌を促進するポイントは、生活習慣です、和の食材を使った栄養バランスが取れた食生活、睡眠、有酸素運動や筋トレなど、 健康のためにいいと思われている生活習慣がそのまま善玉ホルモンを増やす方法になります。

20~30代は暴飲暴食をしたり、睡眠が多少不規則だったり、運動不足でも若さと女性ホルモンのおかげで、多少の無理は効きましたが、 更年期以降はそうはいきません。身体を労わる生活習慣が大事になります。

このページの先頭へ